KanonCure

ごあいさつ

肝疾患で苦しむ患者様へ

 肝疾患は年間約53,000人が発症し、肝移植適応者数は年間約2,200人にのぼります。しかし、肝移植を受けられるのは年間で約500例に過ぎません。そこで、鳥取大学大学院医学系研究科遺伝子医療学部門の汐田剛史教授らによって、皆さんの生体内にある間葉系幹細胞を利用した肝疾患治療用細胞シートが開発されました。この肝疾患治療用細胞シートは肝表面に貼り付けることで急性肝障害や、慢性肝障害による線維化状態を軽減することが確認されています。肝臓の線維化は、肝硬変や肝発癌の発生母地ともなる病態ですが、この肝疾患治療用細胞シート移植が有効な治療法となると期待されています。カノンキュア社ではこの素晴らしい技術を一日でも早く、有効かつ安全に皆様の元へ提供できるよう、2~3年以内に治験開始、早期の条件付き承認を目指して研究開発に邁進してまいります。
 また、第二、第三の研究パイプラインを突き進める為、4~5年後のIPOを目指して体制整備を進めています。

2018年9月
カノンキュア株式会社
代表取締役 堀川 武晴

更新情報・お知らせ

2018/9/27
NEWとっとり地方創生ファンド投資事業有限責任組合2号を引受先として、第三者割当増資を実施しました。詳細は鳥取銀行様のニュースリリースをご覧ください。
2018/8/31
NEW特許第6201008号からの分割特許、特許第6391067号 が登録されました。
2018/7/25
NEW株式会社JR西日本イノベーションズ、グリーンコア株式会社、米子信用金庫を引受先として、第三者割当増資を実施しました。詳細はこちらをご覧ください。
これまでにも米子信用金庫をはじめ、株式会社鳥取銀行、鳥取県信用保証協会、株式会社山陰合同銀行と、地元金融機関から次々に本事業への支援を表明いただき、今回の第三者割当増資を含め、総額2億2千万円の投融資を実行いただいた事になります。
※以上、社名等について順不同、敬称略とさせていただいております。
2018/7/11
PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)RS戦略相談において非臨床安全性試験について事前面談を行いました。
2018/6/4
弊社は取締役会設置会社、監査役設置会社となりました。
2018/6/4
取締役 松田成哉氏、監査役 田中康裕氏が就任しました。
2017/8/17
PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)戦略相談において「非臨床安全性試験の項目の充足性と非臨床安全性試験に用いる被験物(細胞シート及び細胞)の考え方について」事前相談を行いました。
2017/7/1
旭川市民文化会館で開催された第24回肝細胞研究会において「肝疾患治療用細胞シートの肝線維化病態に対する組織修復効果」に関する一般口演を行いました。
2017/7/1
旭川市民文化会館で開催された第24回肝細胞研究会において「Wnt/βカテニン経路を標的とした肝線維化治療」に関するポスター発表を行いました。
2017/7/1
ウェブサイトをリニューアルしました。
2017/6/14
PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)戦略相談において「非代償性肝硬変治療用製品であるヒト(自己)分化肝細胞シート製造の生物由来原料基準への適合性について」対面助言が終了しました。
2017/6/8
広島国際会議場で開催された第53回日本肝臓学会において「ヒト間葉系幹細胞の肝細胞分化を誘導する新規低分子化合物のスクリーニング」に関する一般口演を行いました。
2016/12/8
NEDO TCPにおいて当社事業プランがファイナリストとして選抜され、最終発表会にてビジネスプラン発表を行い、ファイナリスト賞を受賞致しました。
[賞状](PDFファイル 508KB)
2016/8/25
東京ビッグサイトで開催されたJSTフェア2016でポスター展示しました(展示J1-6)。

メディア・受賞歴

記事

2018年8月22日 NEW日本海新聞に当社事業に関する記事「鳥大汐田教授ら開発「肝疾患治療用細胞シート」今冬から動物安全試験」が掲載されました。

2016年6月9日 日本海新聞に当社事業に関する記事「バイオベンチャー設立 肝疾患治療用細胞シート実用化を目指す」が掲載されました。

2016年5月25日 山陰中央新報に当社事業に関する記事「再生医療でベンチャー設立 重症肝疾患 治療シート実用化」が掲載されました。[記事へのリンク](PDFファイル 365KB)
(山陰中央新報社より掲載許可を得ています。)

2015年12月2日 日本海新聞に「肝機能を改善へ 細胞シート開発」の記事が掲載されました。

2015年11月11日 山陰中央新報に「肝機能改善する細胞シート」に関する記事が掲載されました。

2015年2月19日 山陰中央新報に「細胞シートの効果確認」に関する記事が掲載されました。

受賞歴

2016年12月8日 NEDO TCPにおいて当社事業プランがファイナリストとして選抜され、最終発表会にてビジネスプラン発表を行い、ファイナリスト賞を受賞致しました。
[賞状](PDFファイル 508KB)